ブログ

BLOG

2019年5月11日

ショールーム

体感型ショールーム”Room”で体感できること|照明編

こんにちは、タイコーハウジングコア、インテリアコーディネーターの中野です!

 

今日はすごくいいお天気でしたね。明日も今日と同じくらいとのこと!

洗濯物がよく乾きそうですね^^笑

 

さて、突然ですが!皆さん“TACT”ってご存知ですか?

TACTは照明器具、照明設備メーカーであるDAIKOの照明設計のプロ集団の事です。

TACTが手掛けた代表事例としては、大阪府民には馴染み深いニフレルや・・・

ルクアイーレなど・・・

大きな施設から住宅まで幅広く手掛けられています。すごいですよね・・・

 

それがどうした!という話なのですが、実は昨年9月にオープンした弊社のショールーム"Room"もTACTに依頼させてもらったんです!

 

その照明計画図がこちら。

何だかこれだけでも「おぉ~」となりませんか?笑

少し細かく見ていきましょう!

 

まず初めにRoomの照明コンセプトから。

柔らかい間接照明の光とメリハリの効いた光(スポット・グレアレスダウンライト)や意匠器具で適度な陰影をつけ、グレーを基調としたモダンなインテリアを品よく引き立てることを意識。1F打ち合わせルームや洗面所等にも間接照明を設置し、様々な照明手法を体感できます。

 

そう!Roomでは“様々な照明手法を体感”できるんです!

 

例えば・・・

一階打ち合わせ室では、調光調色タイプのコーブ照明とダウンライトで空間や素材の見え方の違いを体感。シーンコントローラーでシーン別にあかりを切り替えることが出来ます。

セミナールームは棚の間接照明で模型を照らし、印象的な空間に。

模型棚側のダウンライトのみ、まぶしさと器具の存在感を抑えたグレアレスを採用。シーンによって使い分けが可能です。

二階のLDKは、サンルームとリビングにコーニス照明を連続させ、空間のつながりと奥行きを強調。吹き抜けのコーブ照明は吹き抜けの高さを強調しています。

ここでは、シーンコントローラーでの照明切り替えで様々なシーンに合う照明に変更することが出来ます。

また、洗面では、3色切り替えダウンライトで見え方を比較。洗面室では、色が分かりやすく、顔が健康に見える「温白色」が人気です。

いかがでしょうか?カタログやネットではなかなか分からない照明の色味や明るさも、実際に体感しながら決めれるので、お打合せ等もスムーズに進むと好評です ♪

こんな風に、Roomでは様々な照明手法を体感できます。

皆さまも是非遊びにいらしてくださいね!

ご予約はこちら

 

 

そして、4月に発行されたDAIKOのカタログにも掲載していただきました~!

▲上段参照

 

同様にHPにも掲載していただいております!

ぜひご覧くださいね~!

https://www2.lighting-daiko.co.jp/case/#

 

 

プロの照明プランナーさんの集団ですが、実際にお客様のお家もいくつかプランニングしてもらっています!

またそのお家もご紹介しますね~^^

 

 

それでは失礼します!

 

(写真提供:大光電機)

 

________________________________

大阪で高気密・高断熱、パッシブデザイン設計、モダンインテリア

かつ地震に強いSE構法の家を建てるならタイコーアーキテクトへ!!

 

Instagram| https://www.instagram.com/taiko_architect

Facebook | https://www.facebook.com/taikoarchitect

Twitter     | https://twitter.com/taiko_architect

Youtube   |https://www.youtube.com/THChome

LINE        |http://nav.cx/f1mdlJR

Pintarest | https://www.pinterest.jp/taikoarchitect/pins/

web site   | https://taiko-architect.com/