施工事例

WORKS

3つの壁の家

オーナー様のご要望は「プライバシーを確保しながらも明るく暖かい家」でした。

閑静な住宅街に位置する建築地は南向きで奥行約15m、間口約12mのパッシブ設計には有利な敷地でした。プランニングでは、パッシブデザインのセオリー通り建物を北側に配置し、南側に駐車場を確保。正直に南面に窓を取ってしまうと接道面からのプライバシーが確保できないため、LDKは2階に配置。さらに手前に広々とバルコニーを持ってきて、冬の日照を遮らない範囲で壁を立ち上げることで日照とプライバシーどちらも確保したLDKそしてアウトドアリビングが実現できました。二階にまとめた水回りとWICは家事動線も良く奥様お気に入りの空間です。

素材・色の異なる3つの壁が重なり、奥行を生み出す「3つの壁の家」。タイコーならではのパッシブデザイン住宅がまたひとつ完成しました。

  • 駐輪場としても使える広い玄関ポーチはお出かけや帰宅時の準備・片づけに最適。隣にはシンボルツリーが植えられています。
  • 玄関には2330㎜の扉のシューズクロークがズラッと並んでいます。階段下にも収納スペースを設けています。
  • 1階洗面器は洗練されたシンプルなデザインのセラトレーディング洗面ボウルを使用。
  • 高い壁を立ち上げたバルコニーがあっても陽の光や熱をしっかり取り込むことができています。
  • テレビ上部にはめ込んだガラスから階段にLDKの太陽や照明の光があふれます。
  • 西面の壁にカップボードが続いており、平行ラインが強調され広く感じます。
  • アイランドキッチンと背面カップボードの扉カラーはグレージュで統一。
  • キッチンのお向かいはお風呂やトイレに繋がっており、水回りをまとめて家事もラクラク。
  • 外部からの視線を気にすることなくバルコニーで寛いでいただけるように壁を2100㎜立ち上げています。
  • シンプルな洗面台の扉面材はカップボードと同じカラーで統一。

ARCHITECTURAL DATA

設計士
前田良
完成
2021年
所在地
大阪府交野市
建築面積
79.80m2(24.14坪)
延床面積
150.92m2(45.65坪)
敷地面積
182.36m2(55.16坪)
建ぺい率
60%
容積率
184%
階数
2階
家族構成
夫婦+子供1人
構造
耐震構法SE構法
耐震等級
3(最高等級)
耐風等級
2(最高等級)
温熱等級
4(最高等級)
温熱地域区分
6地域
年間日射量地域区分
A4区分
用途地域
第二種中高層住居専用地域
防火地域
法22条地域

ECO SPECS

省エネ性能の値

年間暖冷房負荷
102MJ/ (m2・年)
Q値(熱の逃げにくさ)
1.25W/m2K
UA値(熱の逃げやすさ)
0.41W/m2K
C値(すき間の面積)
0.56cm2/m2
ηAH値(冬の日射熱取得量)
2
ηAC値(夏の日射熱取得量)
0.8

令和3年度自社基準

  • 一次エネルギー消費量 600MJ/(m2・年) 年間暖冷房負荷 180MJ/(m2・年)以下
  • Q値 1.9W/m2K UA値 0.46W/m2K C値 0.6cm2/m2 ηAH値:2.5 ηAC値:1.0

年間の光熱費の比較

平均的な長期優良住宅
25万円 / 年

この住宅
19.8万円 / 年

21%節約

各種仕様

屋根 内側 高性能グラスウール16K|210㎜ 熱貫流率 0.22 W/m2K 屋根熱損失合計 14.5 W/K
内側 高性能グラスウール16K|120㎜ 熱貫流率 0.37 W/m2K 壁熱損失合計 68.58 W/K
基礎 内側 押出法ポリスチレンフォーム|55㎜ 熱損失合計 13.88 W/K
開口部 樹脂サッシ |Low-Eペアガラス [U値1.31~1.50W/㎡・K] 窓・ドア熱損失合計 45.45 W/K
玄関扉 断熱玄関ドア [U値1.79W/㎡・K]
熱損失合計 142.41 W/K ÷ 外皮表面積合計 349.03 W/K = UA値 0.41 W/m2K
換気 熱交換型第一種換気システム 熱交換率 70 %
給湯 ガス潜熱回収型給湯機 効率 92.5 %
照明 すべての機器においてLEDを使用

一次エネルギー消費量

  この家の
一次エネルギー[MJ]
長期優良住宅の
一次エネルギー[MJ]
削減率
暖房設備 10163 18810 45.97%削減
冷房設備 3348 7243 53.78%削減
換気設備 2611 4951 47.26%削減
給湯設備 18414 25091 26.61%削減
照明設備 5299 12837 58.72%削減
調理その他家電設備 21241 21241 -
発電設備の発電量のうち自家消費分 - - -
コージェネレーション設備の売電量に係る控除量 - - -
61076 90173 32.3%削減
  • この家の一次エネルギー消費量 61076[MJ/年] ÷ 延床面積* 132.48m2MJ/ (m2・年)
  • 国が基準値としている長期優良住宅の値 820MJ/ (m2・年)と比較して100%削減

* 計算に使用している延床面積は吹き抜け等の仮想床を含む面積となります。

VOICE OF CUSTOMER

施主 T

性能だけにとらわれるのではなくて、ゆとりをもって自分たちの生活スタイルにあった家づくりに取り組むことをお勧めします。

ご主人:コロナ禍で結婚式や新婚旅行ができない状況の中、大きなイベントを夫婦の間で設けたかったんです。賃貸の家ではワクワクしなくて、いっそ自分たちの理想を詰め込んだ家を建てたいと思い、家づくりを考えるようになりました。

動画サイトで「高気密高断熱」な家について学んでいくうちに、高性能で我々の好みのデザインで住宅を建てている工務店を探すようになりました。その中でもタイコーさんはウェブサイトで住宅性能値をしっかり公表していて、好印象だったんです。ショールーム、設計士自邸を見学させてもらったのをきっかけに、タイコーさんで家づくりをお願いすることにしました。

実際に住んでみると、基本的にどの部屋も同じ室温なので、家の中での行動範囲が広くなりました。以前住んでいた家より断然広く、妻が日中ずっといますけど、光熱費は今のほうが安いですね。

奥さま:アイランドキッチンは二人で作業するには十分な広さで、家事動線的にもすごく使いやすいです。収納もたくさん設けているので片づける時にストレスになりません。

今回お家に植栽を入れてもらいましたが、ご近所の方々が植栽のお手入れをしっかりされているので、自分たちも丁寧に育てていこう、毎日掃除をしよう、などと丁寧に暮らすことを心がけるようになりました。緑が身近にあるからこそそういった考えに自然となっていきましたね。

ご主人:タイコーさんに来るお客様は高断熱高気密などの性能面について勉強してらっしゃる方が多いと思うんです。北面の窓は小さくしてほしいなどの要望も多いのではないでしょうか。今改めて考えてみると、設計士さんやコーディネーターさんの話を受け入れて、実際の暮らしを見つめることが家づくりにおいて大事なことだと思います。性能だけにとらわれるのではなくて、ゆとりをもって自分たちの生活スタイルにあった家づくりに取り組むことをお勧めします。

MUSIC FOR THIS HOUSE

What Goes On

by The Velvet Underground

Spotifyで聴く