ブログ

BLOG

2019年7月28日

その他

『本棚』と『構造計算』

こんにちは、タイコーアーキテクト 設計の前田です。

 

本日は『本棚』と『構造計算』のお話です。

 

読書が好きだから本をたくさん置ける場所が欲しい。

仕事柄たくさん本を持っている。

 

そんなお客様によく出会います。

 

大量の本を収納するには、もちろん本の重さに耐えうる構造体が必要になってきます。

3~5人家族の一般的なご家庭のお家の重さはだいたい130kg/㎡に対して、図書館のように本をたくさん収納される場合、家の重さは約180kg/㎡にもなるのです。

こちらのお宅では、ロフトに本を収納する書棚を造作しました。

通常これほどの本の重さを、ロフトのような宙に浮いた場所で支えることは難しいのですが、それを叶えているのが『構造計算』です。

正確な構造計算と強い部材により、理想の空間を実現しているのです

 

「そもそも構造計算って何?」という方に、分かりやすい動画がございますのでご覧ください。

https://youtu.be/H-TRgll7Fjw

 

ご理解いただけましたでしょうか?

本だけでなく、例えばピアノやトレーニングルームの設置、お料理教室やパーティをしたいという計画がある場合にも、それぞれの重さに耐えうる構造体が必要になってくるのです。

 

タイコーが標準採用している耐震構法SE構法では「構造リクエストシート」というものがあり、木造住宅でも家族のライフスタイルや家の形、建設地の気候特性に応じて、家の構造上の強度を事前に理解することができます。これから建てる家がどのくらい強いのか、どうして安全なのかを数値的に確認して、一棟一棟最適な構造を納得するためのオンリーワンのサービスとなっています。(https://www.ncn-se.co.jp/navi/

 

リクエストに応じて作成されたプランで構造計算を行い、結果を「報告書」としてお渡しします。

 

家の強さもオーダーできる時代。

あなたのお家の強さもオーダーしてみませんか?

 


大阪で高気密・高断熱、パッシブデザイン設計、モダンインテリア

かつ地震に強いSE構法の家を建てるならタイコーアーキテクトへ!!

 

Instagram| https://www.instagram.com/taiko_architect

Facebook | https://www.facebook.com/taikoarchitect

Twitter     | https://twitter.com/taiko_architect

Youtube   |https://www.youtube.com/THChome

LINE        |http://nav.cx/f1mdlJR

Pintarest | https://www.pinterest.jp/taikoarchitect/pins/

web site   | https://taiko-architect.com/