ブログ

BLOG

2019年4月11日

レポート

施工事例|二階リビングで高天井を実現 緑に囲まれたアウトドアリビングのある家

こんにちは、前田です。

今回のTAIKO LABOでは、昨年10月にお引渡しをさせて頂きました大阪市住之江区N様邸をご紹介します。

 

▶外観

大阪湾のすぐ近く、川沿いに建つ延床面積152.81㎡(46.22坪)の邸宅。

外観はシンプルに白と黒で構成。アプローチの塀には杉板型枠を利用したRC壁を立ち上げ、アクセントとしています。

ずらりと設けた連続水平窓も外観の特徴のひとつです。北面であることから直射日光は入ってはこないものの、安定した穏やかな光に部屋がつつまれます。

 

▶玄関ホール

玄関を入ると、柔らかな色味のフローリング、トーンを合わせてセレクトした土間タイルがお出迎え。

主寝室、子供部屋2部屋、階段へアクセスできる玄関ホールは、廊下等を省き、空間を最大限に有効活用しています。

 

▶主寝室

玄関ホールから繋がる主寝室はまるでホテルの一室のような佇まい。ファブリックにはダークトーンで重厚感のあるものをセレクト。寝室の照明計画はベッドに入ったときに直接、枕元に光があたらないよう、間接照明を使用するのがおすすめです。

 

▶二階ホールからLDK方向を見る

階段を上がり、ホールからLDKへの間仕切りにはガラス扉を使用。正面にはお施主様のセンスの光る素敵な絵が飾られており、なんとも優雅な空間です。

床材は1階とは異なり、オーク材にブラシ加工を施したものを採用。無垢材の持つ重厚感を引き出しています。

 

▶高天井のリビングダイニング

リビング・ダイニング上部は高天井とし、天井高は約4m。北面の連続水平窓だけでなく、ウッドデッキテラスにつながる大開口、東面南面にはハイサイドライトを設け、各方面からの採光により昼間は照明いらずの明るく開放的な空間を目指しました。

 

▶L字型キッチン

キッチンはL字型キッチンを採用。L字型キッチンは調理作業スペースが広くとれ、同時にたくさんの料理を作ることが出来るため、お料理好きの奥様にはぴったりの形状です。

床は暗めのタイル、壁面は白っぽいタイルで仕上げ、さらにキッチン天板も高級人造石デュポンコーリアンを採用。高級感そして清潔感のあるキッチンとなりました。

 

▶キッチンからダイニング方向を見る

また、ダイニングと程よい距離感のキッチンではダイニングの様子を伺いながらも料理に集中できる、一石二鳥を実現。

 

▶LDKとつながるウッドデッキテラス

リビングとつながるウッドデッキテラスにはアウトドア家具を置いたりして第二のリビングとしても使用できます。

 

▶夜のリビングダイニング

日中は白っぽく清潔感のあるLDKも、夜はまた違った顔を見せてくれます。ダイニングのペンダントライトが一気に主役になりますね。

 

▶夜のエクステリア

エクステリアも昼間とはまた違って住宅を優しい光で包み込みます。