施工事例

WORKS

筒の家

南向きの建築地は、北側に水田が広がり都市部とは思えないような景観が広がっています。

南からさんさんと降り注ぐ太陽の光と熱。北に抜けていく視線と風。イメージしたのはその豊かな南北のラインを貫く、筒のような形状の家でした。よりたくさん自然の恩恵を得ることができるようにLDKを2階へ持ち上げました。さらに心地良くなるように筒の高さをグイっと持ち上げて高い天井をつくりました。光と風を最大限に取り込むためのシンプルな形状、それが筒の家です。南と北のバルコニーは大きな窓によって繋がり、用途に応じてアウトドアリビングにも、家事の場としても機能します。

建築地とシンプルに向き合うタイコーらしいパッシブデザイン住宅がまたひとつここに完成しました。

  • コンクリートの壁が印象的なダイニングキッチン。
  • LDKはSE構法ならではの壁の無い大空間です。
  • リビングには間接照明を仕込み、照明器具が見えないすっきりとした計画。

ARCHITECTURAL DATA

完成
2016年
所在地
大阪府東大阪市
建築面積
65.32m2(19.75坪)
延床面積
104.42m2(31.59坪)
敷地面積
109.46m2(33.11坪)
建ぺい率
60%
容積率
200%
階数
2階
家族構成
夫婦+子供2人
構造
耐震構法SE構法
耐震等級
3(最高等級)
耐風等級
2(最高等級)
温熱等級
4(最高等級)
温熱地域区分
5地域
年間日射量地域区分
A4区分
用途地域
第一種住居地域
防火地域
準防火地域

ECO SPECS

省エネ性能の値

一次エネルギー消費量
690MJ/ (m2・年)
年間暖冷房負荷
254MJ/ (m2・年)
Q値(熱の逃げにくさ)
1.65W/m2K
UA値(熱の逃げやすさ)
0.48W/m2K
C値(すき間の面積)
0.6cm2/m2(想定値)
ηAH値(冬の日射熱取得量)
1.3
ηAC値(夏の日射熱取得量)
0.9

令和元年度(平成31年度)自社基準

  • 一次エネルギー消費量 600MJ/(m2・年) 年間暖冷房負荷 180MJ/(m2・年)以下
  • Q値 1.9W/m2K UA値 0.46W/m2K C値 0.6cm2/m2 ηAH値:2.5 ηAC値:1.0

年間の光熱費の比較

平均的な長期優良住宅
28.1万円 / 年

この住宅
21.9万円 / 年

22%節約

各種仕様

屋根 内側 高性能グラスウール16K|210㎜ 熱貫流率 0.23 W/m2K 屋根熱損失合計 11.44 W/K
内側 高性能グラスウール16K|120㎜ 熱貫流率 0.37 W/m2K 壁熱損失合計 69.74 W/K
オーバーハング床 内側 高性能グラスウール16K|210㎜ 熱貫流率 0.27 W/m2K オーバーハング床熱損失合計 0.89 W/K
基礎 内側 押出法ポリスチレンフォーム|55㎜ 熱損失合計 12.56 W/K
開口部 アルミ樹脂複合サッシ |Low-Eペアガラス [U値2.11~2.33W/㎡・K] 窓・ドア熱損失合計 57.43 W/K
玄関扉 断熱玄関ドア [U値2.33W/㎡・K]
熱損失合計 152.06 W/K ÷ 外皮表面積合計 319.7 W/K = UA値 0.48 W/m2K
換気 熱交換型第一種換気システム 熱交換率 75 %
給湯 ガス潜熱回収型給湯機 効率 94.5 %
照明 すべての機器においてLEDを使用

一次エネルギー消費量

  この家の
一次エネルギー[MJ]
長期優良住宅の
一次エネルギー[MJ]
削減率
暖房設備 24805 34582 28.27%削減
冷房設備 1406 3745 62.46%削減
換気設備 2066 3881 46.77%削減
給湯設備 18063 26027 30.6%削減
照明設備 4318 13400 67.78%削減
調理その他家電設備 20416 20416 -
発電設備の発電量のうち自家消費分 - - -
コージェネレーション設備の売電量に係る控除量 - - -
71074 102051 30.4%削減
  • この家の一次エネルギー消費量 71074[MJ/年] ÷ 延床面積* 103m2690.04MJ/ (m2・年)
  • 国が基準値としている長期優良住宅の値 820MJ/ (m2・年)と比較して15.8%削減

* 計算に使用している延床面積は吹き抜け等の仮想床を含む面積となります。

MUSIC FOR THIS HOUSE

Cape Cod Kwassa Kwassa

by Vampire Weekend

Spotifyで聴く