施工事例

WORKS

L字型の家

「暖かく快適で使い勝手のいい家」がオーナー様のご要望でした。

静かな住宅地の中にある南西向きの建築地。方位の角度がふっていることから、陽の入り方をしっかりと検討すべき敷地でした。プランニングでは南からの光を最大限に享受するために南東側隣地の建物より前に飛び出すように配置し、飛び出た部分に吹き抜けを設けました。使い勝手の中でご提案としては回遊できる動線。対面キッチンの後ろから、そしてホールから、水回り、ユーティリティへアクセスできます。2階のホールは吹き抜けに面してゆったりと確保しているので、第2のリビングとしてお使いいただけます。

豊かな自然の恩恵を取り込むことのできる「L字型の家」。タイコーならではの快適なパッシブデザイン住宅がまたここにひとつ完成しました。

  • 約10帖の吹き抜けが空間を繋ぎ、開放感を生みだします
  • ソファの爽やかなブルーが空間のアクセント
  • 石目調タイルが空間を引き締めてくれています
  • 光あふれるリビングダインングを見渡せるキッチン

ARCHITECTURAL DATA

完成
2019年
所在地
大阪府豊中市
建築面積
109.85m2(32.23坪)
延床面積
137.82m2(41.69坪)
敷地面積
190.78m2(57.71坪)
建ぺい率
60%
容積率
174%
階数
2階
家族構成
夫婦+子供2人
構造
耐震構法SE構法
耐震等級
3(最高等級)
耐風等級
2(最高等級)
温熱等級
4(最高等級)
温熱地域区分
6地域
年間日射量地域区分
A4区分
用途地域
第一種中高層住居専用地域
防火地域
法22条地域

ECO SPECS

省エネ性能の値

一次エネルギー消費量
309MJ/ (m2・年)
年間暖冷房負荷
124MJ/ (m2・年)
Q値(熱の逃げにくさ)
1.35W/m2K
UA値(熱の逃げやすさ)
0.45W/m2K
C値(すき間の面積)
0.76cm2/m2
ηAH値(冬の日射熱取得量)
2.7
ηAC値(夏の日射熱取得量)
1.1

令和元年度(平成31年度)自社基準

  • 一次エネルギー消費量 600MJ/(m2・年) 年間暖冷房負荷 180MJ/(m2・年)以下
  • Q値 1.9W/m2K UA値 0.46W/m2K C値 0.6cm2/m2 ηAH値:2.5 ηAC値:1.0

年間の光熱費の比較

平均的な長期優良住宅
24.5万円 / 年

この住宅
11.6万円 / 年

53%節約

各種仕様

屋根 内側 高性能グラスウール16K|210㎜ 熱貫流率 0.22 W/m2K 屋根熱損失合計 15.86 W/K
内側 高性能グラスウール16K|120㎜ 熱貫流率 0.37 W/m2K 壁熱損失合計 73.13 W/K
オーバーハング床 内側 高性能グラスウール16K|210㎜ 熱貫流率 0.26 W/m2K オーバーハング床熱損失合計 0.65 W/K
基礎 内側 押出法ポリスチレンフォーム|55㎜ 熱損失合計 15.64 W/K
開口部 アルミ樹脂複合サッシ |Low-Eペアガラス [U値1.52~1.7W/㎡・K] 窓・ドア熱損失合計 63.36 W/K
玄関扉 断熱玄関ドア [U値2.33W/㎡・K]
熱損失合計 168.64 W/K ÷ 外皮表面積合計 378.48 W/K = UA値 0.45 W/m2K
換気 熱交換型第一種換気システム 熱交換率 70 %
給湯 電気ヒートポンプ給湯器 効率 3.3 %
照明 すべての機器においてLEDを使用

一次エネルギー消費量

  この家の
一次エネルギー[MJ]
長期優良住宅の
一次エネルギー[MJ]
削減率
暖房設備 11844 26482 55.28%削減
冷房設備 5775 10551 45.27%削減
換気設備 2768 5279 47.57%削減
給湯設備 14506 25091 42.19%削減
照明設備 6177 16208 61.89%削減
調理その他家電設備 21241 21241 -
発電設備の発電量のうち自家消費分 -18316 - -
コージェネレーション設備の売電量に係る控除量 - - -
43995 104852 58%削減
  • この家の一次エネルギー消費量 43995[MJ/年] ÷ 延床面積* 142.43m2308.89MJ/ (m2・年)
  • 国が基準値としている長期優良住宅の値 820MJ/ (m2・年)と比較して62.3%削減

* 計算に使用している延床面積は吹き抜け等の仮想床を含む面積となります。

MUSIC FOR THIS HOUSE

Go On

by Jack Johnson

Spotifyで聴く