ブログ

BLOG

2021年4月20日

その他

大阪府東大阪市「下屋の家」上棟|SE構法の接合部

こんにちは、タイコーの中瀬です。

先日、設計を担当させていただいております、大阪府東大阪市T様邸 題して「下屋の家」が晴天のもとめでたく上棟いたしました。

外観正面のL字型に囲われた下屋が特徴的なT様邸。

構造躯体は耐震構法SE構法。ご存じの方も多いと思いますが、接合部に金物を使用した構法であるため、従来の在来工法に比べると木材の断面欠損が少なく、強固に接合されるという特徴があります。

下記写真は在来工法の柱・梁接合部ですが、これだけ穴を空けてしまうとそりゃあ弱くもなってしまうよね…というのは見ていただければわかるのではないかと思います。

▼SE構法の接合部

他にも基礎や柱、梁、耐力壁などにも地震に強い理由がたくさん隠れているのです。

SE構法についてもっと知りたいという方はぜひ下記URLをご確認ください!
https://taiko-architect.com/ideatrium/longlife/

 

T様邸、昨日はめでたく上棟式も執り行わさせていただきました。

お米・塩・お酒で四方をお清めし、無事上棟を迎えられたこと、そしてこれからの工事の安全、素敵なお家が完成することを祈願させていただきました。

上棟すると完成まであっという間です!工事中もたくさん遊びに来ていただき、家づくりの思い出を残していただければと思います。

引き続きスタッフ、職人含めて力を合わせて頑張ってまいります!

 

▼完成予想パース

〇 Instagram

〇 Facebook

〇 Twitter

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
大阪・京都・神戸で建てる
SE構法とパッシブデザインの注文住宅

株式会社タイコーアーキテクト
株式会社タイコーハウジングコア

〒578-0971
大阪府東大阪市鴻池本町6-32
TEL:0120-01-8500
HP:https://taiko-architect.com/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::